記念事業タイトル.png
小浜線開業100周年ポスター.jpg

●はじめに

小浜線は、2022年12月20日に全線開通100周年を迎えます。これを記念し、記念イベントを今後随時開催し、小浜線開業100年にふさわしい1年にしたいと考えています。

本事業の目的は節目を祝うだけではありません。コロナウイルス蔓延により、小浜線をはじめとする鉄道利用者が減る中で、今一度鉄道の価値を感じてもらうことも大きな目的の一つです。

​本事業を、当団体委員をはじめ、多くの方と共に作り上げていきましょう。

1.実施する大きな2つのプロジェクト

小浜線開業100周年記念館開設

小浜線100年の歩みを、バーチャルリアルの両形式で開設します。

バーチャルは、特設サイトで6月上旬から2023年3月まで配信予定。

リアルは、沿線各地に出張開設します。

小浜線開業100周年記念列車運行

小浜線100年の思い出を乗せた列車をイメージのもと、団体臨時列車で1日間、小浜線で運行します。

​また、小浜線内の駅でもイベントを行い、これまでの小浜線、これからの小浜線を融合させた駅や車内を創り上げます。

2.コンセプト

コンセプト「一世紀の思い出を次の時代へ」は、小浜線100年の歩みを次の100年、さらには200年へつなげていきたいという思いで設定しました。

​最近、駅や車内が単なる通過点であるように思います。もちろん、鉄道を始めとした公共交通はそういうものです。しかし、鉄道が通り駅ができることで、新しい町ができます。インターネットが発達する前は、今以上に駅に賑わいがあり、人との交流も盛んだったはずです。鉄道とは、本来通過点ではなく、出発点であるべきではないでしょうか。

近年は、駅ナカという言葉があるように、駅が様々な機能を持つようになりました。また、乗ることを目的とした列車も運行されています。

こうした鉄道のあり方を見直す試みは、鉄道の価値を再発掘することにもなります。鉄道より自動車という時代に、今後継続して小浜線の価値を感じて貰うきっかけを作ることをめざし、企画していきます。

3.実施スケジュール

スケジュール.png

​今後の進捗により変更する可能性があります。

4.協力者の募集

①委員の募集

3月下旬までをめどに、新規委員を募集中です。詳細はこちら。募集条件に合わない方で参加を希望される場合は、お問い合わせください。

②各種企画共同運営者の募集

デザイン、物販など、本事業へのコラボや本事業を共同で運営する団体・企業・行政を募集します。

③資金の募集

個人・団体・企業・行政から協賛金を募集します。なお、個人様からの協賛金は、原則クラウドファンディングサイトからとさせていただきます。

5.担当部署(お問い合わせ先)

​小浜線100周年記念館

​準備中

​記念列車運行企画

​準備中

資金協賛関係

​準備中

その他(委員募集、連携等)

​準備中

​現時点でのお問い合わせは、フォームよりお願いいたします。

6.本事業の連携組織

福井県嶺南振興局

NPO法人駅舎と共にいつまでも

2022年3月1日現在